ヘッダー画像

視力回復のトレーニング法は有効か?

視力回復には昔から「遠くの緑を見ると良い」などと言われてきました。
実際遠くの緑を見ることによってリラックスできますし、疲れた目を休ませるには良いと思います。

しかし、眼は休ませるだけではいけないという説もあるのです。
眼は使わなければどんどん機能が衰えていく。

酷使はいけないが、適度に眼を鍛えることによって、視力が衰えを遅くし、落ちかけた視力も回復するというのです。自己流はいけません、やり過ぎもいけません。

視力回復には様々な方法があり、視力回復に関する本も多数出版されています。視力回復トレーニングはその中の一つの方法。本当に視力はトレーニングで回復するのでしょうか?


眼の構造

眼球は、たくさんの筋肉が付着している、とても運動性の高い器官であり、眼球の内部には、
『ピントを調節する筋肉』、
『瞳孔を開いたり閉じたりする筋肉』、
眼球の外部には、眼球をあらゆる方向に動かすための『6つの筋肉』が付着している。

眼の様々な機能が充分活用されるためには、これらのたくさんある筋肉全てが協調して、滑らかに動く状態が保たれることが必要であり、 それによって、視力をはじめとする、眼の機能は正常に発揮される。 (引用先:眼育総研)

これらの眼の筋肉を伸ばしたり縮めたりすることによって近視になりにくい目を育てる効果的な運動があるという。まだメガネをかける前なら間に合う方法。

近視の進み具合によっても個人差があるそうなので、視力回復可能性テストを受けてみました。


視力回復相談

視力回復トレーニングのご案内


Copyright (C) 2009 視力回復 トレーニング. All Rights Reserved.